けんこうの仕組み

なぜ どうして? 『病気になるの?』『痛くなるの?』『健康でいられないの?』

人間(生物)は、栄養を吸収(摂る)することで、健康が維持されています。

逆に、栄養が不足すると、細胞組織が正常な機能で活動できなくなり病気になります。




答えは簡単な法則で説明できます。

けんこうの法則 『栄養の吸収』<『栄養の消費』X『遺伝』⇒病気の人生
『栄養の吸収』>『栄養の消費』X『遺伝』⇒健康な人生


『栄養の吸収量』『栄養の消費量』の関係が重要

『栄養の吸収量』と『栄養の消費量』の関係
         『ストレス因子』
『栄養の吸収』         『栄養の消費』
※一日三食を適正に摂る    ※身体に負担となる飲食
※水分を適正に取る       (アルコール・煙草・お菓子類など)
※適正な睡眠サイクル(休息) ※食事を抜いたり、偏った食品内容
※適正な運動         ※衣服の薄着(冷え) ※睡眠不足
※安定した精神状態      ※薬物    ※過度な運動・労働
 など・・・・・・      ※悩みやイライラなどの精神的ストレス
                など・・・・・・

『健康食品(サプリメント)を摂り始めて症状が良くなった』という

事例がありますが、これは、栄養を摂る方が勝ったからです。


しかし、栄養を吸収できる量にも限界があります。

大切なことは、栄養の消費量が多過ぎないかということです。


以上のことからも、ストレス因子を見つけることが、最も重要と言えるのです。

 * 脳・脊髄の捻れ(圧迫)が強い場合は、治療によって捻れを取り除き、
   恒常性機構(ホメオスタシス)及び自然治癒力を正常に戻す必要があります。
けんこう整體院ではBrainTreatmentSystem(ブレイントリートメントシステム)を使って、
患者様の自然治癒力が最大限に引き上げられることによって健康を創り出しております。

治らなくて困っている方はけんこう整體院へ